お野菜のこと

ena farmは、文化発祥の地、古代大和飛鳥の地を拠点に、高取・西吉野にて自然循環型農業を目指した農業を学びながら営んでいます。 なるべく肥料を使わず耕さず‥自然の中の生態系の草や虫たちの営みのなかから美味しいお野菜たちが生まれます。

ena farmのお野菜たちの美味しさの理由

・竹パウダーの酵素と、約1200万年前の堆積ミネラルや乳酸菌・納豆菌

ena farmでは、土壌の力を弱める農薬や化成肥料はもちろん一切使用しません。その代わりに、大地の生き物・作物たちが元気にいのちをはぐくむように、約1200万年前の堆積ミネラルや納豆菌、乳酸菌発酵した堆肥、そして発酵させた竹パウダー等の常在菌の力を最大限に活用します。発酵させた竹の微粒粉や天然要素がたっぷりはいったミネラルは土壌を活性化させるばかりか、そのまま直接食べても大丈夫です。

・生態系を壊さない自然循環型農法

虫にはお野菜を食べる(生産者にとっての)害虫もいれば、その害虫を食べてくれる益虫もいます。また、お野菜を食べた虫達の排泄物が、土壌にとっては豊かな栄養源になります。自然の循環・バランスを無視した大量生産型の農法ではなく、自然の生態系をそのまま維持した自然循環型農法により、お野菜たちがもつ自然の美味しさ・美しさをひきだします。

・コンパニオンプランツ・緑肥・大地の根を残し雑草でのマルチ

農薬等を使用しない代わりに、できるだけ自然の力でお野菜を虫や天災から守ります。相性のよいお野菜同士・コンパニオンプランツを並べたり、ハーブを植えたり、緑肥となるマメ科の植物や大地に根を残して刈り取った雑草をマルチ代わりに使ったり・・・昔の風景に、ビニールハウスや黒いビニールのマルチなんてなかったはず。ビニールのマルチを使うと、相当の量の産業廃棄物がうみ出されます。enafarmでは、自然の特性を活かし、おじいちゃんの知恵を学びながら、昔ながらの循環型のお野菜づくりを心がけています。

・なるべく耕さず‥大地に根を残し、生態系を壊さない

土の中には、いろんな生き物や微生物がいっぱい。畑にいると、いろんな生き物たちが登場します。もぐらにみみず、幼虫や目にも見えないちっちゃい存在たち‥彼らは、土の中で生活をすることで、土壌を耕し、ふかふかの土と肥沃な栄養素をもたらしてくれます。ena farmでは、そんな彼らの大事なお仕事と生活を邪魔しないよう、なるべく耕さず、また土中の根をなるべく残して彼らの暮らしをめいっぱいサポートしています。

【旬のお野菜の定期配送お承りいたします!】

※事情により、現在配送は休止しております。ご了承くださいませ。

毎月2回もしくは1回、ご自宅まで自然の恵みをお届けいたします。お値段は1回3000円(送料込み)、その他ご相談に応じます。お気軽にご連絡くださいませ!

2017年

4月

19日

Le Marché 無事終了✨次回は5/21の開催です♪どうぞお愉しみに!!

4/16 Le Marché 無事終了いたしました☆春の眩しすぎるくらいの優しい陽射しをうけて、きらきらと桜吹雪が舞い落ちるなか、 うららかで透き通った雰囲気のマルシェと相成りました。
Emerさんの時空間を度するような唄声と音色も素晴らしく、年度の始まりとともに新しいご出店の方にもたくさんご参加戴きました。ご関係者の方々、そしてお足をお運び戴きましたみなさま、本当に有り難うございました!!
季節ごとにうつろう雰囲気を味わうのも、このマルシェの愉しみのひとつです。まるでガーデンにご鎮座するさくらやもみじ・椿の花や樹々すらも、淡いピンクと黄緑のグラデーションを彩りながらマルシェに参加して愉しんで戴いているかのようです。
次回のル・マルシェは5/21、今度は初夏のひとときを、どうぞお愉しみくださいませ!!!かのマイケルジャクソンやYMOの歌詞を手掛けられたクリス・モスデルさんのポエムリーディングをお聴き戴けます♪ご来場お待ちしております!

続きを読む