”LOVE CIRCUS” Sustaina-village 2017 無事終了いたしました◎ご来場のみなさま、そしてご関係者のみなさま、大変有り難うございました!!

"LOVE CIRCUS" Sustaina-village 2017 開催いたします☆今年はフランスの現代サーカスの旗手カミーユ・ボワテルが来日公演♪どうぞお愉しみに!!

一千年の長きにわたって伝統を守りながら、その一方で先端文化の発信地でもあり 続けてきた京都にて、世界中から集められた良質な写真に出会う。2017年春、第5 回目を迎えるKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭は、国内外を含めた様々な機関と提携・ご支援いただきながら、世界有数の写真祭と認められるまでに成長してまいりました。京都ならではの建造物を使用した会場と趣向をこらした展示デザインも 大きな特色となっています。 2017年のテーマは「LOVE」。

そして“Sustainable"(サスティナブル)をテーマに昨年よりオフィシャル・プログラムとして開催しているSustaina-village(サスティナ・ビレッジ)の今年のテーマは”LOVE CIRCUS”。フランス現代サーカスの旗手、カミーユ・ボアテルが新作”LOVE −間(あいだ)−””を携え公演します。

「人が限界だと思っていることや、常識だと思っていることを覆す瞬間を見せることができる」というサーカスの本質を再び見つめ直す彼の姿勢は、私達の日常生活をさえ覆し、インスピレーション豊かな創造の場にします。その他ライブ・パフォーマンスやスライド上映、ワークショップやトークイベント、様々なプログラムとともにマルシェをお愉しみくださいませ。

※会場にはお手洗いがございませんことご了承くださいませ。

※マイ食器・マイ箸のご持参大歓迎✨ 

 

2017年5月6・7日(土・日)11時~20時

 

■開催場所

 元・新風館 KYOTOGRAPHIE会場

京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 

(京都市営地下鉄烏丸線・東西線 烏丸御池駅(5番出口)から徒歩1分)

 

■入場無料

※会場内にはお手洗いがございません。あらかじめご了承くださいませ。

※マイカップ・マイ皿大歓迎です。

 

 共催:KYOTOGRAPHIE実行委員会・enafarm

後援:アンスティチュ・フランセ関西(Institut français du Japon - Kansai)

お問合せ:enafarm 井原(090-8404-3584)

【マルシェ】

 “Sustainable"(サスティナブル)をテーマにアップサイクルやオーガニック等の店舗が並びます。フードやドリンク、ワークショップも充実。ご観覧中のご休憩に、ご家族とご一緒に、是非お立ちより下さいませ。

【パフォーマンス】

KYOTOGRAHIE会場にて設えた特設ステージにて精神と身体のアートワークをお愉しみくださいませ。

健康な精神は健康な身体に宿ります。食やオーガニックにこだわると同時に、自らの身体を鍛錬することで、さらに豊かで調和のとれた生活を過ごしましょう!

<5/6・5/7 19:00->

■フランス現代サーカスの旗手カミーユ・ボワテルによるパフォーマンス

”LOVE −間(あいだ)−”

 

「人が限界だと思っていることや、常識だと思っていることを覆す瞬間を見せることができる」というサーカスの本質を再び見つめ直す彼の姿勢は、私達の日常生活をさえ覆し、インスピレーション豊かな創造の場にします。

 

Camille Boitel|カミーユ・ボワテル 

フランスのサーカス学校の名門、アカデミー・フラテリーニで学び、フランス現代サーカスの旗手、ジェームズ・ティエレ(チャールズ・チャップリンの孫)のもとで活動を始め頭角を現す。カンパニー・リメディアを立ち上げ、第一回 「サーカスの若き才能」コンクールで優勝。以降、多ジャンルを融合した作品を発表し、「リメディア」がフランス有数のフェスティバルMIMOSで最優秀賞を受賞。東京芸術劇場『TACT/FESTIVAL』等で来日。

<5/6・5/7 13:00〜17:00>

■”LOVE TEA”by Mai Ueda

  現代作家Mai Uedaは世界の精神文化の融合を新しい形の茶会として表現します。今回は”唯物的LOVEを超えた先にあるLOVE”をテーマに茶会を設え催します。是非”日常の非日常”をご体感くださいませ。www.maiueda.com

参加料:¥1500

予約:080-4704-3584もしくはinfo@enafarm.jp 井原まで

<5/7 18:50->

■ ACROYOGA ART アクロアートヨガ|アルニ・ポッツォ

”LOVE-信頼-” direction and choreography by Arni Pozzo Kor

ACROYOGA ARTは様々なアクロバットポーズとビニアサヨガとコンテンポラリーダンス、音楽を調和させた芸術性高いオリジナルパフォーマンス。美しく鍛錬された身体 と精神のアートワークをお愉しみください。 

【映像上映】

<5/6・7 18:00-/19:00->

■ ウォン・カーウァイ作品のスティールカメラマンとして有名なWing Shyaによる”LOVE”をテーマにした最新作上映

【トーク】

<5/6 14:00->

■美吉野酒造株式会社   杜氏 橋本晃明 トーク&試飲会

風土と酵母、麹と昔ながらの手作りの技で醸す、風味豊かな本来のお酒づくりのお話と利き酒会

 

美吉野酒造株式会社

いにしえの時代より湧き出でる「弓絃葉の井戸」と、大峰山系伏流水の清らかで甘くやわらかな湧水を使用し、伝統を守りながらも革新的な味わいにチャレンジする美吉野醸造。

 

農と共に歩む酒造りの第一歩として、米づくりからの「顔の見える酒造り」をモットーに、添加酵母は一切使用しない、自然発酵・完全手造りならではの妥協のない「米の旨味が伝わる酒」を醸し続けております。ミズモトや○○などの現代では珍しいいにしえの本来の日本酒の旨味を味わいながら、日本酒についての蘊蓄を深めましょう。

<5/7 16:00->

■着物家 伊藤仁美  ”着物とともに四季のうつろいを学ぶ”

建仁寺塔頭両足院に生まれ、日常着として着物を着る仁美さんに着物の着方のコツを学びます。

 

着物家 伊藤仁美

建仁寺塔頭両足院に生まれ、和の空間に囲まれて育つ。祖父の法要の時、色とりどりの衣を纏った僧侶がお経を唱える姿を目にし、それがあまりに美しく心に残り、着物の世界へ進むきっかけとなる。西陣和装学院にて師範を取得、更に婚礼・芸舞妓の技術を取得。祇園を拠点に着付けやスタイリング、和装小物の企画に携わる。現在活動の拠点に東京白金にプライベートサロン「enso」をオープン、百貨店での着付けレッスンやトークショー、雑誌・TVなどのスタリングも手掛ける。24時間着物を纏うという自身のキモノライフを通じて、着物を身近なものとして提案し発信し続けている。

【ミュージシャン】

<5/6 13:00- / 15:00->

Olu Togun | African Drum & Boujou Badialy Cissoko | Kora,Griot

オル・トグン|アフリカンドラム&ブジュ・バジャリ・シソコ | アフリカ伝承音楽家

Olu Togun オル・トグン|アフリカンドラム

 

アメリカのフロリダ州生まれ。幼い頃からアフリカやカリブ海の音楽を愛しオクラホマ州立大学にて西アフリカのパーカッション・カリブダンスを教授。2007年にオクラホマCityで「RITHM CO.」としてミュージシャンデビュー。2009年来日後、「COLUTURE」を立ち上げる。アフリカ音楽を中心に全国ツアー多数。現在「BLACKAN RADIO」で"AFRICAN HORIZON"やTOP NOTE"トークショーの MCを務める。

Boujou Badialy Cissoko ブジュ・バジャリ・シソコ|コラ

 

ブジュ・バジャリ・シソコは、西アフリカのセネガルのマンディンゴ族のグリオ(伝承音楽家)の家系に生まれ、「コラの王」と称される、スンジュル・シソコの孫として、何十世代にもわたるグリオの末裔として、最も伝統的な形でコラを伝授される。幼少期にダカールの音楽学校に入学後、各地で演奏活動を始める。米国移住後は、自身のグループ「BoujouBunBastik」で多数のフェスティバルやツアーに参加。数々のCDや映画のサウンドトラックにも参加しています。「音楽は人々を一つにし、文化を一つにし、愛を一つにする。音楽は自分の情熱であり、音楽には国境はない」とブジュは語ります。

<5/7 14:00- / 17:00->

 ウミネコ楽団

五月エコ|クロマチックアコーディオン&新井洋平|コントラバス

 

いつまでも耳に残る美しいメロディのオリジナルナンバーと、北欧や東欧など世界各国の伝統曲を演奏する。西野亮廣氏(キングコング)がジャケットを手がけた2ndアルバム「Gasparo」では映画のサウンドトラックのような大編成でのプロダクションも披露。2016年には「サンドアート」(砂絵)とのコラボレーションによる舞台を創作しコンサートホールで上演。ほかにも演劇の音楽やプラネタリウムでの公演など、リアルな音楽の持つ可能性にチャレンジしつづけている。◆Website:http://www.uminecogakudan.com

【ワークショップ】

■FKAチャップリン寺子屋

by Future Kids Adventures

 

あなたもわたしもチャップリン☆

みんなでチャップリンになろう!

チャップリン増殖中□

みんなでチャップリンを観る、作る、演じる◎

FKA寺子屋を開きます!ご家族で是非お越し下さいませ♪

■5/6・5/7 13:00-18:00

”光のモビール”おがらでヒンメリをつくろう!ワークショップ

by 日の出プロダクツ

ヒンメリはフィンランドの魔除けや厄よけとして飾られる伝統的な装飾品で別名「光のモビール」と呼ばれ、スウェーデン語のhimmel(天)が語源とされています。元々ロシアのウラル地方から移住してきた民族であったフィンランド人は、古くから自然を崇拝し、精霊信仰に基づいた生活を送っていました。寒冷な気候のため、太陽神の誕生祭や農耕神への収穫祭を12月下旬の冬至の祭として行い、その後クリスマス装飾の一つとしても活躍するようになります。 ドイツからクリスマスツリーが入ってきて流行した為、一時ヒンメリの姿は消えかかりましたが、 アーティスト達は新しいデザインを生み出し、今日に至るまで多彩に形を変えて、様々な行事で飾られています。

そしておがらは麻の茎を干したもの。古来日本人の生活と麻の関係は深く、生活野中で多様に麻を利用してきました。神道として、また精神文化の側面としてもその存在は深く、ハレの日もケの日も人々の生活と共にありました。また、持続可能な未来を形成するバイオマス資源としても広く多用途で利用されはじめています。こうした麻を使って生活を豊かに彩りせんか?

....and more!!

 

KYOTOGRAPHIE

京都国際写真祭とは?

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭世界屈指の文化都市京都を舞台に開催される 日本でも数少ない国際的な写真祭です一千年の長きにわたって伝統を守りながら その一方で先端文化の発信地でもあり続けてきた京都その京都がもっとも美しいといわれる春に開催されます 日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを趣のある歴史的建造物やモダンな 近現代建築の空間に展開しときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど 京都ならではの特徴ある写真祭を目指します

 

これまで

2011 年の東日本大震災を受け日本と海外の情報交換の稀薄さを目の当たりにしました それはおのずと双方の情報を対等に受信発信する文化的プラットフォームの必要性への確信となりました 日本はカメラやプリントの技術は世界を先導しているにもかかわらず

表現媒体としての評価が日本ではまだまだ低いと感じられる写真」。私たちはここに着目し その表現手段としての写真の可能性を見据えるべく国際的フェスティバルを立ち上げ この世界が注目する伝統と革新の街京都で実現することを誓いました

これまで多くの企業や団体個人の皆様のみならず国のご協力もいただきました このフェスティバルの発展は皆様のご支援なくしてはありえません

国際的とはまだまだ言い難い日本と海外を対等に繋げるべく 私たちは日々試行錯誤を重ねておりますが同時に様々な出会いも生み出されています 私たちはそこから新しい価値が生まれてくることを信じこのフェスティバルをさらに発展させるべく邁進します

 

 

2017年のテーマはLOVEです
人類はさまざまな形の愛のもと多様性を維持し社会を形成しながら
子孫繁栄といういわば種の保存のための戦略をとり自然界に存在しています

私たちがと呼ぶ感覚や概念は宗教観歴史観地域性生活環境など
個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります

その差異や軋轢が時に愛を憎悪へと反転させ

時に無関心という愛の大きな欠如となり
殺人戦争社会的弱者へのいわれのない暴力など

現代社会が抱える深刻な事態へと発展しさえします

だからこそ私たち人類は愛がいかに偉大で必要不可欠ものであるかを知り

いわば本能的に多種多様な愛を求めて止みません。 

 

KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表 ルシールレイボーズ & 仲西 祐介

KYOTOGRAPHIE Founders & Co-Executive Directors Lucille Reyboz & Yusuke Nakanishi 

(HPより抜粋)

2017年

6月

27日

Le Marché 次回は7/16(パリ祭同時開催)です♪どうぞお愉しみに!!

Le Mrache次回はいよいよ7/16、パリ祭との同時開催です!!

パリ祭とは、7/14フランス共和国の成立を祝う日”Fete nationale Francaise”。1989年同日のフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、翌年行われた建国記念日”Fete de la Federation”が起源となっています。この日は、フランス各地で一日中花火が打ち上げられ、パレードやツールドフランス、そしてエリゼ宮殿では茶会が催されます。そしてアンスティチュフランセ関西では、子供向けペインティングワークショップやバル・ミュゼット、エルメスやニューカレドニア行きのチケットのあたるトンポラ抽選会や、稲畑ホールにてフランス人ソプラノ歌手、アンヌ・ロディエのさんのコンサートなど、素敵なイベントが盛りだくさん✨
この機会に是非お足をお運び下さいませ!!
※開催時間が15時から20時、入場料が必要(下記参照)となります。ご了承くださいませ!
 

また、今回も素敵なご出店者の方々が並びます✨

こだわりのナチュラルワインやビオワイン・シャンパンが戴けるアンディゴさんや本場の味わいそのままのガレットを楽しめるGwenn Ha Duさんなどのおなじみフランスにちなんだご出店者さんはじめ、CosmicCoffeeJapanさんのフェアトレードエチオピア直輸入コーヒー、DEUX CREER et BIO Bambooさんの素材にこだわりぬいたお菓子、Take a nap crackersさんのあられ炭火焼実演販売、そして地球に生まれて地球に還る日の出プロダクツさんなど、みどころ味わいどころ満載◎そして小西酒造さんの氷を浮かべたベルギーのレッドベリーのビールは、女性にも人気の喉越しもクリアなすっきりとしたフルーティな味わい。暑さも吹き飛びます!!そして、急遽参戦のArihiruaさんの髪切り処で、伸びた髪もすっきり切ってもらいましょう✨

 

折しも17日の祇園祭本祭を控えた宵山の日。この機会に祇園祭とともに、是非ル・マルシェとパリ祭にもお越し下さいませ♪

 

-

パリ祭

7/16(日) 15:00-20:00

アンスティチュフランセ関西−京都

前売券|一般600円 クラブフランス会員500円

当日券|一般800円 クラブフランス会員500円

※12歳以下は無料・飲食は別途有料

※チケットはアンスティチュフランセ関西(京都・大阪)にて販売中

雨天決行(台風の場合は中止の可能性あり、要HP確認)

※Le Marcheは小雨決行・荒天中止(要HP確認)

http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/parisaikyoto2017/

 

【ご出店のみなさま】

ルバカサブル パン

Indigo シャンパン、ワイン、ジュース

エヴァンタイユ フレンチ総菜

L’accent サヴォワ地方菓子・ジェラート・レモネード

Gwenn Ha Du ガレット・クレープ・焼き菓子・雑貨

Brasserie Cafe ONZE カフェドパリ風ステーキ・カヌレ・スパークリングワイン

小西酒造株式会社 べルギービール

Latte Art Junkies Roasting Shop カフェラテ・ドリップコーヒー・スムージー

がらむまさら チキンカレー・ビーフカレー・マサラチキン

Doitsu Link ソーセージ・サワクラフト・ビール

elpollo パエリア

SUGAR お豆スウィーツ・豆カレー・ドリンク

CosmicCoffeeJapan エチオピア直輸入コーヒー

Take a nap crackers あられ・あられ実演販売

石釜パンの店こころ 天然酵母のパン

Tango de Chat Noir タルト・クッキー・パウンドケーキ・パイ

ニコサンカフェ ベジ焼き菓子・玄米キッシュ

Au Bon Miel はちみつ・蜂蜜関連グッズ

DEUX CREER et BIO Bamboo BIO有機素材の焼き菓子・チョコレート・有機レモンドリンク

むろう大沢農場 蜂蜜・ジャム・いぬねこのおやつ・野菜・果物・ハーブ

フルーツアラカルト ドライフルーツ

Saint-Tropez ヨーロッパキッチン&生活雑貨

Flanelle B ハンドメイド雑貨・アンティークとお花

23fumi アクセサリー

世界の医療団 活動のご案内

Laugh 味わい深いてづくりの服・雑貨

Chez la savonnière Largo オリーブオイル石鹸・ハンドメイドアクセサリー

日の出プロダクツ 地球に生まれて地球に還るプロダクツ

あみあみラリエットRingo ラリエット・アンティークのレースや雑貨

髪切り処 Arihirua